楽天市場

ジグソーパズル 大曲の花火

インテリアとして、額に飾ったジグソーパズルはなかなかいいと思います。最近は「大曲の花火」がビバリーから商品化されました。

夏なので最近パズル組んでいないという方も、チャレンジしてみてはいかがでしょう?

パズルのデメリットといえば、完成までの時間が地味に長いこと。それと飾りに必須となる額が別売りであること。美しい風景をインテリアとして飾りたいけど、時間や手間の都合からパズルはちょっと無理・・・。

という方にはこういう商品がおすすめです↓



インテリア知識に疎いと、こういった「飾り絵」がなんという商品名で売られているかわからないと思います。「アートパネル」という名前で検索すると出てきますよ。聞き慣れませんよね。いい商品なのに、名前がわからなくて買えないというパターン。

ちなみに上の商品はハワイの花火写真です。秋田の大曲じゃないです。大曲の花火はアートパネル商品化されていないようです。パズルのほうがアートパネルより、ラインナップ豊富な気がするんですよね。

京都・厳島神社・高千穂峡・白川郷・屋久島・東京湾・京浜工業地帯・富良野・・・など、どんどん日本の観光地をアートパネル商品化していってほしいものです。LED証明ギミックとかつけたらゼッテー売れるやろ。

はしご兼用脚立ニューラビット RYH

「はしご兼用脚立ニューラビット RYH」の特徴は、通常の脚立とは違って4ほんの足の長さをそれぞれ調整できるところ。

傾斜地や不安定な足場で脚立を使用したいときにいこの商品を利用すれば、ある程度安定した高所作業ができるようになります。脚立が立ったままの状態でも伸縮を行うことが可能でした。

ヘルシーシェフ

日立のヘルシーシェフは、ローストビーフの調理が上手にできると評判の調理家電、オーブンレンジ。

様々な家電メーカーがオーブンレンジを発売していますが、ヘルシーシェフは機能面と価格帯両方において最高峰のグレードに位置すると評価されています。

ローストビーフ以外にも、最近売れているサバを活用した料理をする際に活躍する、「焼き機能」も素晴らしいと様々なブログで好評。

電子レンジ&オーブンの買い替え時が来たら、オーブンレンジ導入を検討するタイミングです。

平成新山

雲仙普賢岳の噴火により新登場(日本語怪しいな)した、平成新山。

こちらのお山が最近、水蒸気爆発や崩落が発生しているとして専門家の立ち入り調査が行われたそうです。

ニュースサイトを読んでいると、平成新山の岩に「あんたはエライ」という趣旨不明の落書きがあったそうな。その岩のある場所、立入禁止区域なんですけどね。一般登山客が不用意に立ち入ったとしても、自然災害の驚異が大きすぎて単純に危ないだけです。

通常の山よりも死傷するリスクが高く、救助費用が発生する可能性が高いだけの山です。落書きした当人としては、こんな危険な場所によくぞ立ち入ったと、その勇気を褒め称えるつもりで書いた落書きなんでしょうけど。

「岳 みんなの山」を読んだ私としては、山で負う怪我がどんだけ厄介か想像できてしまうので近づきたくもないな。

危険を冒したくないし、無駄な体力も使いたくない。山はやっぱり、ケーブルカーで登れるところが一番楽しい。

明治禁断の食べるはちみつ

はちみつの味を堪能できるカップ菓子、「明治禁断の食べるはちみつ」という新商品。

この商品の容器は、コンビニのヨーグルトやプリンでよく採用されているあの形状ですね。はちみつ、というか甘いものを食いすぎるとあまり体に良くない印象を持っているので、高血糖や肥満を気にしている方はリアルに「禁断」してもいいんじゃないでしょうか?

はちみつ(というか甘いもの)を過剰摂取すると、鼻時を吹き出す知人が何人かおります。

なにごとも適量が大切。

はちみつは適量摂取であれば、動脈硬化予防や疲労回復など、よく働く人にはうれしい効能があると考えられています。商品そのものにもちゃんと「本物のはちみつ」が入っています。

健康とかアンチエイジングに気を遣うのなら、はちみつよりもシークヮーサーの方が総合力が高いという評価をよく聞きます。実際にシークヮーサーをよく食べる土地は長寿の村となっている実績がありますので。が、最近はコンビニでもスーパーでも、生のシークヮーサーを利用した商品を見かけなくなりました。

一時期はテレビて取り上げられたこともあり、シークヮーサー関連商品が本当に多かったんですがね、流行の廃れってもんでしょうか・・・。